学術集会のご案内

第9回スポーツメディスンフォーラム
  • ■ 会 期
  • 2018年3月18日(日) 9:00-16:20
  • ■ 会 場
  • はまぎんホールヴィアマーレ アクセス
  • ■ 当番世話人
  • 山﨑 哲也(国家公務員共済組合連合会 横浜南共済病院 スポーツ整形外科)
  • ■ 参加費
事前参加登録は不要です。
当日直接会場へお越し下さい。
医師 5,000 円
一般 3,000 円
学生 1,000 円
第9回スポーツメディスンフォーラム

PDFチラシダウンロード

第9回スポーツメディスンフォーラム 第9回スポーツメディスンフォーラムのチラシをご希望の方は、こちらからPDFをダウンロードしてください。

PDFダウンロード(266KB)

ADOBE READERPDFをご覧になるには、
Adobe Readerが必要です。

■ 単位について

  1. 1. 日本整形外科学会(専門医、スポーツ医)資格継続単位(受講料:1,000円)
  2. 2. 日本体育協会公認スポーツドクター資格更新義務研修会
  3. 3. 日本体育協会公認アスレティックトレーナー資格更新義務研修会
  4. 4. 健康運動指導士・健康運動実践指導者 資格継続単位

 

■ プログラム

A.肉離れ再考 [9:00-11:40]

 

座 長 :
奥脇 透(国立スポーツ科学センター)

1) 病態と診断:

奥脇 透(国立スポーツ科学センター)
仁賀 定雄(JIN整形外科スポーツクリニック)

2) 比較的稀な上肢、体幹の肉離れ

肩甲帯周辺(肩甲下筋肉離れ):

山川 潤(横浜南共済病院)

体幹周辺(腹斜筋肉離れ):

小松 秀郎(慶応義塾大学スポーツ医学総合センター)

3) 肉離れに対する高圧酸素療法:

柳下 和慶(東京医科歯科大学)

4) 肉離れに対するPRP療法:

齋田 良知(順天堂大学)

5) 物理療法:

山田 幸一(PEP NAGOYA)

6) リハビリテーション:

松田 直樹(国立スポーツ科学センター)

7) 肉離れの予防および復帰に向けてのトレーニング:

塚原 賢治(横浜DeNAベイスターズ)
辻 文将(株式会社プロケア)

▲プログラムメニューへ

ランチョンセミナー [12:20-13:20]

 

座 長 :
山崎 哲也
三幡 輝久 投球障害のバイオメカニクス

▲プログラムメニューへ

B.野球における障害予防とメディカルサポート [13:40-16:20]

 

座 長 :
渡邊 幹彦(東京明日佳病院)

1. 野球肘検診の現況

岩間 潤(岩間整形外科)

2. 学童野球における障害予防の取り組み

上田 誠(慶応高校野球部元監督)

3. 少年野球―野球肘予防に向けて―

坂田 淳(横浜市スポーツ医科学センター)

4. 学生(中学・高校・大学)および社会人野球におけるメディカルサポート

能勢 康史(野球共育塾)
吉田 干城(横浜ベースボール整骨院)

5. プロ野球におけるメディカルサポート

明田 真樹(横浜南共済病院)

6. 侍ジャパンにおけるメディカルサポート

富田 一誠(昭和大学江東豊洲病院)

7. 野球選手のトレーニング

阿部 勝彦(元EXOS)

8. 投球障害へのアプローチ-研究者の立場から-

福田 岳洋(Sports Brain Science Project)

9. 投球障害へのアプローチ-医師の立場から-

菅谷 啓之(船橋整形外科病院)

▲プログラムメニューへ

【第9回スポーツメディスンフォーラム事務局】
株式会社レイ MICE事業部内
〒106-0032
東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル
Tel:03-5413-3855
Fax:03-3475-8681

ページトップ

スポーツメディスンフォーラム